読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域リフレの会 エーデル

~地域の方々が集う 癒しと憩いの場~

ルースィーダットン(仙人体操)教室@肝炎の会

本日は調布狛江肝炎の会にお邪魔して、ルースィーダットン(仙人体操)教室を開催しました。

体質改善、健康増進を目的に開かれた今回の教室。
セルフケアの一つの方法として、ルースィーダットンをご紹介しました。 

f:id:chofu-eadel:20140426150536j:plain

◎地味な動きなのにジワっと汗ばむ

はじめにルースィーダットン基本の呼吸法を練習します。
鼻から大きく吸って、口からゆっくり吐き出してを繰り返します。呼吸に慣れたら、身体の動きをつけていきます。

30分ほど経過したところで、
「大して動いた訳でもないのに、ジワっと汗がにじんできた」との声が。他のみなさんもうなずいて、それぞれに実感いただけているようです。
水分をしっかり補給しながら、教室はまだまだ続きます。

ご参加のみなさんは、肩こりや目の疲れなどでもお悩みとのことで、それぞれのお悩みに応じたポーズを幾つかご紹介しました。

小一時間ほどの短い時間でしたが、終わった後の皆さんの表情は晴れやか。顔色も良くなり、スッキリとされたご様子でした。
ルースィーの良さを実際に体験いただけて、私たちもうれしく思いました。

f:id:chofu-eadel:20140426150621j:plain

◎体操で内臓もケアしよう!

ルースィーダットンの良いところは、身体の内と外の両方に働きかけられるという点。

身体の外側を構成するのは筋肉や骨・関節。
小さな動作でそれらを無理なく動かし、ストレッチをかけていきます。 

と同時に、大きくゆっくりと呼吸します。
意識的に肺や横隔膜を大きく動かすことで、周辺の内臓に刺激を与えることができます。

こうして筋肉と内臓の両方に働きかけてゆくのです。

「内臓のケアといえば薬が真っ先に思いつくけれど、できれば頼りたくない。こんな方法もあるんだね!」とご参加の男性がお話くださいました。

道具は不要ですし、家でいつでも気軽にできる点でも、セルフケアに向いていると言えますね。 

 

◆ルースィーダットン体験

こちら↓のイベントで体験ができます。ご興味がある方はぜひお越しください。

第4回 癒しDay in 染地

5月31日(土) 13:30~ 於 染地地域福祉センター